Staff

  • K.Sakemi
  • T.Tokugawa
  • Y.Saito
  • K.Fujiwara
  • T.Ezaki
  • T.Kita
  • Kimiko.Sakemi
  • F.Sakemi

酒見 國之

代表取締役社長

昭和23年生まれ。丸惣3代目。
高校卒業後、父が営む丸惣木工に入所。
以来、「たかが箱、されど箱を作る」
という理念のもと、細部までこだわりぬいた
モノづくりで、全国の百貨店をはじめ
多くの家具小売店に評価を受ける。
平成2年、有限会社丸惣へ改組。
近年では収納家具にとどまらず、
ソファやテーブルなどにその技術をいかんなく発揮しモノづくりに励んでいる。
主な受賞に福岡県優秀技能者表彰など。

徳永 泰司

工場長

昭和29年生まれ。
丸惣のモノづくりの全工程に目を光らせながら、木取りから下地塗装まで製品のベースを作るあらゆる工程を一手に担う、丸惣のプレイングマネージャー。
ストーンズやクイーンなど、古き良き時代のロックをこよなく愛する。

斉藤 裕二

 

昭和29年生まれ。
年季が入りすぎて、気まぐれに±5mmくらい
寸法が狂う丸惣の機械を、コンマ1mm単位で
制御する、機械の匠。
特注家具の難しい構造を、長年培った技術と
感覚で美しい収まりの製品に仕上げる。

藤原 耕二

 

昭和25年生まれ。神奈川県職業訓練大学校木工科を卒業後、大工、電気工事技師、家具メーカー工場長を経て丸惣に入社。
塗装技能士、家具製作技能士、木材加工用機械作業主任者、第一種電気工事士など。多くの資格と豊富な経験を有する、丸惣の技術アドバイザー的存在。

江崎 正登

 

昭和56年生まれ。高校卒業後、家具メーカー数社を経て丸惣入社。
若手ながら生真面目な性格で腕をメキメキ上げている、丸惣のブライテストホープ。

喜多 武

 

昭和18年生まれ。2代目・酒見國雄が採った最後の内弟子として、主にアッセンブリを担当し定年まで丸惣に勤務。定年後は数社の家具メーカーを経て、再び丸惣に復職。休日は釣りにいそしむ。

酒見 紀美子

 

昭和28年生まれ。
女だてらに2tトラックを乗り回す、丸惣の
配送担当 兼 経理担当 兼 社長夫人。
ストレスの発散方法は、17年のキャリアを
誇る趣味のダンス。
「心と身体のリハビリに」と称し、
サンバから、サルサ、盆踊りまで、
各地の催しに馳せ参じては
満面の笑みで踊っている。

酒見 史裕

Maison Marceau
インテリアディレクター

昭和53年生まれ。丸惣4代目。
報道カメラマンアシスタント、飲食店勤務
を経て、2002年丸惣入社。
2008年からはデザイン事務所STRINGSとして
活動しながら、2012年に丸惣に復帰。
メゾン・マルソーでは家具の提案および
特注家具の図面作成、商品開発を担当。
STRINGS www.stringsdesign.net
Blog www.maisonmarceau.com/blog

< Prev
Next >